やちよプランニング

コンテンツが光れば集客できる

2017年最後のブログは
コンテンツが光っていれば
後は何とでもなる、という話です。

12月と言えば忘年会シーズン。
僕も忘年会に行ってきました。

その帰り道、一緒にいた人が
「ラーメン食べたい!」
って言ったのです。

僕も〆にいいかなと思ったので
一緒に行くことにしました。

そして、その人が進めるラーメン屋に
行ったのですが、そこがすごかったんです。

そのラーメン店の所在地は繁華街とはいえ
大通り沿いではなく、人通りの少ない路地にあります。

まあ、時間帯(午前2時)と立地を考えれば
店内のお客はそんなに多くないはず。

しかし実際はその店は超満員。
店の外には行列までできているのです。

これだけだと美味しいラーメン店なら
よくある話です。
(忘年会シーズンですしね)
でも、この店がすごかったのは
店内の居住性、要するに居心地ですね。

めっちゃ居心地悪いんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

はっきり言ってしまうとかなり劣悪です。
収容人数を最大化した結果、
居住性がヤバいことになっていたんです。
店内で人とすれ違えません。。。

正直、長居しようとは思いませんでした。
でも、お店は超満員。しかも待ち行列までできています。

これってひとえにこのお店のコンテンツ、
つまりラーメンの味が光っていたからです。

連れて行ってくれた人いわく、
「うまい!って感じではないけど、
ほっこりして何度でも行きたくなる味」
とのこと。

実際、食べた瞬間「あ、これは……」って
感じになります。

ちなみにスープはあっさり醤油系です。
あっさりだけど出汁が効いていて、
後から旨みがくるんです。
飲んだ帰りに、〆のラーメン食べたいけど、
こってり豚骨はちょっと……というときに最高なんです。

ここを知っていたら、多分他のお店という
選択肢はなくなるくらい美味しいんです。
例え、少々居心地が悪くても。行列に並ぶことになっても。

これって、ラーメンの味というコンテンツが
絶対に他に負けないほど研ぎ澄まされているからこそ
できることですよね。

たった一つでも「これは絶対負けない!」という
コンテンツがあれば、十分勝負できるという
良い例ではないかと思います。

もし、こういったコンテンツを構築できれば
集客や価格競争からも無縁でいられます。

自分のビジネスにもこういった強みがないか、
是非探してみてください。
意外にも身近にいい例があったりするので、
それを参考にしてみても良いかもしれません。

最後になってしまいましたが、
2017年は大変お世話になりありがとうございました。
おかげさまで元気に仕事ができたことを
心より感謝申し上げます。

2018年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

ブログ一覧はこちら