やちよプランニング

40年続くビジネスモデルは超シンプル

先日、大宰府に行ってきました。

天満宮にお参り、といきたかったのですが
あまりの暑さと人の多さに断念……
まあ、お参りが本来の目的ではなかったので
すぐに諦めました。

今回の大宰府行きの本当の目的は
ある人にお会いすることでした。
今日はこの方に伺った40年間変わらない
ビジネスモデルの話です。

ビジネスモデルの寿命って年々短くなっている
と言われますが、きちんと設計された
ビジネスモデルは長く続んだな~と
改めて知ることができました。

40年続くビジネスモデル

長く続くビジネスの条件は
業種によってまちまちですが、
その方によれば、
基本をおさえれば長く続くとのこと。
創業して10年も経っていない僕が言っても
あまり説得力はありませんが、
40年間以上実践してる方の言葉は
重みが違います。

40年前といえばあれですよ。
携帯もない、インターネットもない。
しかもその方は、サイドビジネスとして
始めたとのこと。

最近でこそ副業という考え方が
広がってきましたが、
40年前はそんな考え方はなかったはず。
当然、会社や社会の理解も得にくいですよね。

そんな中でビジネスを立ち上げ、成功する。
これって並大抵のことじゃないですよね。

思わずその方の話に聞き入ってしまいました。
詳細はここでは書けませんが、
成功の秘訣をまとめると以下の4つとのこと。

1.土日だけで対応できること
2.在庫を持たないこと
3.商品が日持ちすること
4.利益率が高いこと

まず1の「土日だけで対応できること」は
サイドビジネスとしての制約に近いですね。
平日は本業があるので、基本的に土日だけで
対応しきれないといけません。

そして2の「在庫を持たないこと」も大事ですよね。
大規模な倉庫などを持つと利益が圧迫されてしまいます。
そのため、なるべくコストを抑えるために
在庫は持つべきではありません。

その方は注文を受けたら工場へ連絡し、
商品を直接届けてもらうことでこの条件を
クリアされていました。

さらに、これに関連することで
「商品が日持ちすること」も大事ですよね。
日持ちしない商品ではロスが多くなりますからね。

最後の4の利益率ももちろん大切です。
ビジネスをする以上、利益は必須です。
サイドビジネスに限った話ではないですが、
利益率の低い商売は結構つらいです。
(時間的制約が多いサイドビジネスならなおさらです)

石川啄木ではないですが
「働けど働けど我が暮らし……」状態になるのは
利益率が低いことが大きな原因のひとつです。

せっかくサイドビジネスを始めても
利益がほとんどなかったら悲しいですからね……

あれ?これって……?

さて、ここまで読んでピンときた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
そう、堀江貴文さんが提唱される
「儲かるビジネス4原則」にそっくりですよね。

儲かって長続きするビジネスって
基本はシンプルなんだと再確認させてもらいました。

でも、これらの条件ってよくよくみると
ある「怖いこと」を示唆していたりもします。

ちょっと長くなってしまいましたので
今回はここまで。
「怖いこと」の内容は次回お伝えしますね~

ブログ一覧はこちら