やちよプランニング

みんな「コレ」ができずに悩んでいる【思考の言語化】

先日、オフィスを移転して
セミナールームをつくりました。

せっかくなので今まで以上にセミナーを
開催することにしました。

先日も起業の考え方セミナーを開催したのですが
参加してくれた方がめっちゃ首をひねってる……

もしかして面白くなかったのか、
それともそんなことは知ってるよってことなのか?

あまりに考え込まれていたので
セミナーが終わってから聞いてみたら、
「ビジョンってどうやってるくるのか判らない」って。

つまり、自分がやりたいことに
悩みが生じている状態です。

 

たしかに難しいですよね……
でも、ここがふらつくと、後の商品設計とか
全部ブレます。

と、同時に僕も起業したときは
割と「勢い」だけだったので悩む気持ちは判ります。

じゃあ、どうするのが一番いいかというと、
とにかく人と話すことが重要だったりします。

話すといっても雑談するって意味じゃなくて、
ちゃんとアウトプットするって意味です。

アウトプットする過程で自分の中で練られてくるし、
人からのフィードバックも得られます。

何より大事なこととして、一人で考えていると
・全体像を描く
・質問する
・考える(答える)
を一人でやらないといけないんです。

やったことがある方は判ると思いますが、
これって結構重労働です。

もし人に話すというかたちをとれば
「全体像を描く」と「質問する」の部分を
助けてもらえます。
「考える」だけでよくなるんですね。

実際、僕も人に話していく過程でビジョンとか理念とかを
かためていきました。

 

一部にはこういったことを自分の頭の中だけでできる
すごい人もいたりしますが、一般的には
アウトプットした方が早いです。

実際、営業の家庭もこれに似たことをしますし、
早くゴールにたどり着くという意味では
とても有効なのでお試しあれ。

ブログ一覧はこちら