やちよプランニング

Google Analyticsから判る「顧客の流れ」(基本編)

前回のGoogle Search Consoleに引き続き、
Google Analyticsのお話です。

Google Search Consoleの使い方はこちら

Google Analyticsは一言で言ってしまえば
アクセス解析です。
(他にも色々使えますが)

ざっくり説明すると
どんなサイトからユーザーの流入があったのか、
あるいは、HP内でどんな動きをしているのか
を知る事ができます。

どちらもHPを運営するうえでとても大切な
要素ですよね。

どんなサイトからユーザーが流入しているのか?

あなたのHPにユーザーが流入する経路としては
主に4つが考えられます。

1.検索エンジンからの流入
2.他のHPからのリンク経由の流入
3.SNSなどからの流入
4.ブラウザのブックマークなどからの流入

それぞれからの流入の割合は
Google Analyticsの[集客]を見れば判ります。

検索エンジンからの流入が多いのであれば、
人気のキーワードで上位表示されている、
あるいは会社名の指名検索が多いなどが
考えられますよね。

他のHPからのリンク経由の流入なら、
どこから流入してきたのか気になるはず。

こういった情報は普通にHPを運営していても
判りませんが、Google Analyticsを使えば
知る事ができるんです。
(さすがGoogle先生!)

ただ、最近は、検索エンジンからどんなキーワードで
流入したのかが判りにくくなっています。

これは、検索情報が暗号化されたことに
よるものなので、今後も見ることはできないと思われます。
仕方がないと諦めましょう。

その代わり、Search Consoleを使えば、
Googleの検索エンジンでどういった検索をされたかは
知る事ができます。

うまく組み合わせて使ってみてください。

ユーザーはサイト内でどんな動きをしている?

HPを運営していてもう一つ気になる事と言えば、
どのページが読まれているのかということですよね。

これもGoogle Analyticsを使えば、
どのページからどのページへ移動したのか
といったことまで判っちゃいます。

この情報はGoogle Analyticsの[行動]-[行動フロー]を
見れば判ります。
視覚的に見る事ができるので全体の流れを
把握するにはちょうど良いです。

今日紹介したことはざっくりとした使い方ですが、
これが判るだけでも、HP運営はだいぶ変わるかと思います。
ぜひ活用してみてくださいね。

ブログ一覧はこちら