やちよプランニング

Google Search Consoleの使い方(基本編)

今日のお題はGoogleの
Google Search Consoleです。

Seach ConsoleはGoogleが提供している
無料のサービスです。
ただ、ホームページを作る時に
導入したはいいけど、あまり
使っていないという経営者の方って
実は少なくありません。

Google Analyticsで判ること(基本編)はこちら

その理由は、
「よく判らない」
という回答がかなり多いです。

でも、実はこれってかなりもったいないです。
Search Consoleはうまく使えば、
ホームページをどう改修して、集客するかと言った
ヒントも得られるんです。

Google Search ConsoleとAnalyticsの違い

まず最初にGoogle Search Consoleと
Analyticsの違いを簡単に説明しておきますね。


本当にざっくり図にするとこんな感じです。
(ちなみに、この図は本当にざっくりです。
Search ConsoleもAnalyticsも
様々な使い方があります。
ただ、基本をおさえるという意味では
この図で十分かと思います)

Search Consoleは
「Googleの検索エンジンでどんな検索が
されたときにホームページが表示されたか」
が判ります。
なお、Yahoo検索をはじめとした
他の検索エンジンからのデータは判りません。

これに対してAnalyticsは
「ホームページにどこからユーザが流入してきたか」
が判ります。
こちらはGoogle検索だけではなく、Yahoo検索や
他のホームページのリンクからの流入も判ります。

それならAnalyticsだけで十分では?と
思ってしまいそうですが、
Search ConsoleではAnalyticsでは見えない
データも見る事ができるんです。

Analyticsの話は別の機会にすることにして
まずはSearch Consoleで判ることを
みていきましょう。

Google Search Consoleで判ること

Search Consoleで判ることはズバリ
「どんなキーワードで検索されたときに
あなたのホームページが表示されたか」
です(かなり大まかに言って、ですが)。

もうちょっと具体的にお伝えすると、
1.検索されたキーワード
2.検索結果に表示された回数
3.検索結果の順位
4.検索結果に表示され、クリックされた回数
が判ります。

これってホームページから集客する時に
とっても重要なデータだと思いませんか?

なぜなら、お客さんの生の検索ワードと、
その時あなたのホームページがどのくらいの
頻度で表示されているのかが判るんです。

例えば、検索結果に表示された回数は多いけど、
クリックされた回数が少ないキーワードとかが
見つかれば、そのキーワードを重点的に
伸ばしていく等の対策が取りやすくなります。

特にホームページにキーワードを設定して、
そのキーワードがどのくらいの順位に会って
何人くらいの目に触れているのか
(検索されているのか)を知ることができる点も
大きなメリットです。

ほかにも、Googleのクローラー(検索結果にHPを
表示させるために必要)を呼び寄せたり、
ホームページへのリンクを確認するなど、
かなり実用的かつ重要なツールです。

ホームページのお持ちの方は
是非使ってみてくださいね。
もし判らないこと等ありましたら、
お気軽に質問してください。

ブログ一覧はこちら