やちよプランニング

売り手思考のワナ

今日は「売り手思考」と「買い手思考」のお話です。

商売をする以上、その商品・サービスを
買っていただけるお客様がいるはずです。

買ってくれるお客様は当然ながら
「買い手」になります。

お客様に商品を買ってもらうためには
「買い手」であるお客様から見て
「ほしい!」と思われるものでなければ
なりませんよね。

ところが買い手であるお客様のことを
忘れてしまっているケースというのは
少なくありません。

商品の説明がなんとな~く、
ありきたりな表現になっていたり、
商品やサービスの特徴ばかり
宣伝していたり。

お客様から反応がないってときは
「売り手」側の都合でものを考える
いわゆる「売り手思考」になって
しまっていることが少なくありません。

「売りたい!」が先に来てしまうんですね。

この売り手思考の怖いところは、
知らず知らずのうちに
そうなってしまうという点にあるんです。

誰もがお客様のために商品やサービスを
提供しようとしています。
でも、ずっとその商品・サービスを
扱っていると、だんだん商品に
フォーカスしてお客様のことを
置いてけぼりにしてしまうことがあるんです。

しかも、これ知らず知らずのうちに起きます。
コワイコワイ……

割と冗談じゃすまない事態ですが、
意外と多いです、こういうこと。
かくいう僕も同じミスを
やってしまったことがあります。
いや、ホントに自分ひとりだと
なかなか気付かないんですよね。

大きな企業でもあります。
僕が昔、勤めていた会社でもありました。
(当時は気付きませんでしたが……)

身を持って体験したので言い切れますが、
売り手思考では売れません

誰だって「欲しい!」と思わないものは
買いませんよね。
(誰かに義理立てする時や緊急の時以外は)

 

お客様から「欲しい!」と思ってもらうには?

では、お客様に心から「欲しい!」と
いってもらうにはどうするか?

そのためには○○することが必要なんです。

多分、誰でもこの○○をすることが
できれば「欲しい!」といってもらえる
商品・サービスをつくれます。

この○○はこちらでお話しています。

集客と売上を伸ばす商品・サービスの伝え方

ブログ一覧はこちら