やちよプランニング

ウォークマンとセールスマン

実は最近、ご縁があって外国人留学生に
講義をさせていただいています。

いつでも新しい刺激は大切!
そう、大切なのですが……
刺激が強すぎます。

文化の違いってやっぱり強烈です。
返ってくる答えが良い意味で予想を
裏切りまくります。

みんな、頭いいんですよ。
ただ、ベースとなっている考え方が
違うだけで。

色々な思考に触れるという意味では
超いいです。
こう書くといいことづくめの様に
見えますが、そうでないことも
当然あります。

特に一番苦労するのが、事例の紹介。

様々な国から来ているので、
共通の知識・情報って意外に少ないんです。

iPhoneeとかはみんな知っていますが、
さすがに毎回iPhoneネタは無理です……

なので、何をネタに使えば、
講義の内容に沿って、かつみんな知っているか
結構悩んでしまうんです。

先日の授業では、みんなが知っている
(であろう)事例として「ウォークマン」を
選んだんです。
これならさすがに知ってるだろうと。

でも、現実は違いましたよ。。

村「みんなウォークマンって知ってるよね?」
学「……営業する人!」
村「 (゜-゜)!? 」

ウォークマンが伝わらなかったのも
びっくりですが、

ウォークマン ⇒ 歩く人 ⇒ 営業の人

まで一瞬でたどり着いた発想力もすごいです。
ニュアンスとしては間違ってないんですよね。
むしろ、良く思いついたなと褒めたいくらいです。
この発想力、見習わねば……

ちなみに、ウォークマンを知らなかったのは
2割くらいで、8割の学生には判ってもらえました。
さすがに使ったことはなかったみたいですが。。。

時代の流れを感じてしまいます……

ブログ一覧はこちら